メールでの問い合わせはこちら
事業内容 産業廃棄物運搬 産業廃棄物処分 産業廃棄物処分

HOME > RPFの製造

RPFの製造

RPFとは?

RPFとは、マテリアルリサイクルが困難な、紙くず、古畳、廃プラスチック類を原材料として製造する、
"環境にやさしい"固形燃料です。
成形された固形燃料は、石炭・コークスと同等の高カロリーが得られ、化石燃料代替により、
CO2排出量削減に貢献します。



RPF製造フロー図


RPFを利用するメリット

排出者側(原材料) 再利用側(RPF)
①細かい分別の手間がかからない。
・廃プラスチック類に紙くず、木くずの混入等の許容ができる。
・廃棄物置場がコンパクトにできる。

②排出事業者の責任範囲が管理しやすい。
・RPF成形後は有価物となるので、中間処理後の二次マニフェストが存在しない。

③コストダウンが可能。
・中間処理後の処分費用が発生しないので、コストダウンが可能である。

④製紙会社等利用側の保管量が大きい。
・ボイラーのメインテナンス期間もRPFの受入れができる保管施設が確保されている。

⑤ゼロエミッション化が達成できる。
・ボイラー燃焼後の残渣も路盤材等として再利用されている。
①石炭と同等の熱量が得られる。

②石炭の1/2程度の価格で購入できる。

③灰の発生が石炭の1/2となる。

④化石燃料使用削減によりCO2の削減が可能。

広島事業所RPF製造第2工場

最新の設備で高まるニーズに応えます!!

フォークリフト 3.5t

■フォークリフト 3.5t

1軸破砕機 160kw

■1軸破砕機 160kw

RPF成形2号機 375kw

■RPF成形2号機 375kw



このページのトップへ